ジャグラー攻略

【禁断】ジャグラーフラグ書き換え攻略を暴露【悪用厳禁】

ジャグラーは完全確率の乱数を取得してボーナスを抽選しています。

その中のボーナスの乱数を引いたときジャグラーボーナスが成立していたり、小役が成立したりというゲーム性になっています。

ですが、そんなとき強制的に成立しているフラグを書き換える何て事ができたらいつでもボーナスが引くことができると思いませんか?

実はジャグラーフラグ書き換え攻略は存在します。

今回は、ジャグラーでフラグ書き換え攻略方法を紹介します。

ジャグラーフラグ書き換え攻略法3選

ジャグラーのフラグは、メイン基板によって抽選されフラグが成立しています。

ですので、メイン基盤になにかしらの細工をしたり、バグを起こすことで成立しているフラグを変更し、ジャグラーボーナスに書き換えるというのがこのジャグラーフラグ書き換え攻略の概要になります。

これから3点のジャグラーフラグ書き換え攻略法を紹介したいと思います。

ジャグラーフラグ書き換え攻略その1:メイン基板交換

ジャグラーは、メイン基盤でフラグの管理しているので、そのジャグラーのメイン基盤を不正に改造しコマンド入力によりフラグを書き換えることが可能です。

ジャグラーのフラグ書き換えの攻略方法としては、不正基盤を用意し台を開けて不正基盤を取り付けてコマンド入力してジャグラーを打つだけです。

ただお店の営業中に台を開けることは店員さん以外がやると非常に怪しく下手したら警察に通報されてしまうので注意しましょう。

ジャグラーフラグ書き換え攻略その2:メイン基板損傷

先ほども解説した通り、ジャグラーはメイン基盤で抽選しているので、そのメイン基盤になにかしらの衝撃を与えてバグを引き起こす事でジャグラーのフラグの書き換えを行う攻略方法です。

やり方としては、ジャグラーの筐体の間に電線を差し込み、低圧電圧を流してショートさせるなどがあります。

ただ、こちらの方法もジャグラーのメイン基板を壊してしまう可能性があり、そんなことしては台の破壊でお店から出禁や法的に問題があるので禁止行為になります。

ジャグラーフラグ書き換え攻略その3:店長ボタン

パチンコ屋は昔からホールコンピューターにより出玉の制御ができると言われております。

故に店長がホールコンピューターにより出玉を操作するボタンを店長ボタンと名付けられており、そのボタンを押してもらうことでジャグラーのフラグを書き換えてもらうという手法です。

ですが、店長にボタンを押してもらった場合、それがバレたら店長も自分も大変な目に合うことが予想されるのでやめときましょう。

ジャグラーゴトは違法!!ダメ絶対

ジャグラーのフラグ書き換えによるジャグラー攻略は殆どの場合がゴト行為にあたります。

これはどれも犯罪ですので絶対にしないことをお勧めします。

また店長ボタンも存在しません。

ホールコンピューターは出玉の記録している機械なだけです。

ですので、店長と仲良くなってもジャグラーのフラグ書き換えはできないので意味はありません

今回この記事で伝えたかったのは、世の中には嘘のパチスロ攻略法や、ジャグラー攻略法やゴトなどで勧誘してくる人もいるのでそれに騙されないようにと思い解説させて頂きました。

ジャグラーフラグ書き換え攻略法などの甘い罠に騙されず、地道に高設定のジャグラーの台選びをして、立ち回り続ければジャグラーは勝ち続ける事が可能です。

-ジャグラー攻略
-,

Copyright© ピエロのジャグラー攻略 , 2020 All Rights Reserved.